株式会社ソフトギア(以下ソフトギア、本社:東京都新宿、代表取締役:青木 健悟)は、2020年8月27日に発売された「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」(以下「FFCC」URL:https://www.jp.square-enix.com/ffcc/)にソフトギアが開発するオンラインゲーム開発用サーバライブラリ「STRIX ENGINE ®」(以下「STRIX ENGINE」)が採用されたことを発表いたします。

 

「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」とは

株式会社スクウェア・エニックスが発売する「FFCC」は、2003年にニンテンドーゲームキューブにて発売された「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」に新規要素を加え、PS4/Switch/iOS/Android向けにリマスターしたアクションRPGです。本作の大きな特徴である最大4人参加の協力プレイを、ソフトギアのサーバライブラリ「STRIX ENGINE」の使用で、オンラインのクロスプレイに対応し、4つのプラットフォームをまたいだマルチプレイを実現いたしました。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』

発売元:株式会社スクウェア・エニックス

発売予定日:2020年8月27日

対応プラットフォーム:Nintendo Switch、PlayStation4、iPhone、Android

公式HP:https://www.jp.square-enix.com/ffcc/

■ STRIX ENGINEとは

STRIX ENGINEは、オンラインゲーム開発に必要な高度なネットワーク機能とサーバソリューションを提供するサーバライブラリです。バックエンドに独自の特許技術が組み込まれ、大量メッセージの高速処理と大規模な同時接続数を可能とし、従来の国内ライブラリでは成しえなかった高いパフォーマンスを実現します。メッセージ通信や大量のコネクション接続を可能とする通信コアモジュールと、メッセージリレー機能や動的なノード管理を可能とするスケイラビリティの高いサーバシステムの提供で、大規模オンラインゲームやVR・ARコンテンツ開発を支援します。

STRIX ENGINEの特長>

    • スケイラビリティの高いマッチングシステム
      • マッチメイキングAPIとルーム管理機能
      • 負荷に応じてノードサーバを動的に追加できる柔軟なノード管理機能
      • メッセージリレー機能
    • オンラインゲーム開発向け多機能搭載ライブラリ
      • 認証機能(ユーザ登録/承認)
      • データ管理機能(データベースとメモリを統一的に扱うインターフェイス)
      • メッセンジャー機能
      • 暗号化機能   等
    • アプライアンス性の高いサーバライブラリ
      • UnrealEngine・Unityなどのゲームエンジン対応
      • Java言語対応により、既存の資産の流用や他ライブラリとの併用が可能
      • わずかなコードでサーバを構築できるデフォルトクラスの提供
      • オブジェクト管理機能など様々な機能追加・カスタマイズが可能
    • 仕様情報
      • 対応プラットフォーム:Windows, Linux, Mac, iOS, Android, Nintendo Switch, PlayStation 4
      • 対応言語:サーバJava/クライアント C++,C#,Java
      • 対応プロトコル:TCP, RUDP
    • 製品ライセンス
      • ライセンス方法:ゲームタイトル毎にライセンス
      • 価格:ライセンスフィー 500万円(別途消費税)
      • 年間ライセンスフィー100万円/年(別途消費税)

今後の予定

サーバレスコンピューティングを次のターゲットに、通信技術・サーバ技術の研究開発を進めます。サーバアーキテクチャをイベント駆動型にすることで、すべてのリソースマネージメントの自動化を図り、ゲーム開発者がサーバ開発だけでなく、サーバのプロビジョニングを意識しない環境を実現します。
常に進化するネットワーク・サーバ技術やお客様の要求に応じた性能や信頼性を追求し、ゲームをはじめ、VR・AR等の幅広いオンラインコンテンツの発展に貢献していきます。

※ Microsoft、WindowsおよびMicrosoftのロゴは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporation またはその関連会社の登録商標または商標です。

※その他一般の製品名などはすべて各社の商標または登録商標です。