いつもStrix Cloudをご利用いただき、誠にありがとうございます。
下記日時に置きまして、Strix Unity SDK 1.3.0及びStrix Unreal SDK 1.3.0をリリースいたします。

■日時

2020年5月26日(火)

■アップデートについて

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

  • Strix Unity SDK 1.3.0

【改善点】

  • Unity 2019.3 に対応致しました。
  • ガベージコレクションの負荷を軽減致しました。

【修正点】

  • 移動同期クラス StrixMovementSynchronizerの修正
    • 指定した座標に瞬時に移動同期させるTeleport関数を追加しました。
    • パラメータをプレイ中に変更した際に反映されるようにしました。
    • 低フレームレート時の同期品質を改善しました。
  • 乗り物向けの移動同期クラス StrixVehicleMovementSynchronizerの修正
    • 初期位置の同期がずれることがある不具合を修正しました。
    • 通信状況が悪い際にCPU負荷が高くなる不具合を修正しました。

 

  • Strix Unreal SDK 1.3.0

【改善点】

  • アクターからネットワークIDを取得する関数とネットワークIDからアクターを取得する関数を
    追加しました。
  • RPCを呼び出したプレイヤーのIDを取得する仕組みを追加しました。
    RPC関数の引数にFStrixRpcContext型のcontextという名前の変数を追加することで取得できるように
    なります。

【変更点】

  • 通信の受信タイミングをUE4の通信と同様のタイミングとなるように変更しました。
  • StrixReplicatorComponentのTypeID 設定の保存場所を Config/DefaultGame.ini に変更しました。

【修正点】

  • Set Property で古い値を上書きできなかった不具合を修正しました。
  • プレイインエディタで複数プレイヤーを起動した際に正しく同期が行われない場合がある不具合を
    修正しました。
  • NotificationListenerでのRoomChangeOwnerNotifiedHandlerの解放処理を修正しました。

Strix Cloudアカウントをお持ちでない方は、こちらでアカウントを作成できます。