bg_unitybg_unrealcircle_01circle_02facebookhatenalinkedinlogo_unitylogo_unrealpocketstartup-01startup-02startup-03startup-04 strix-engine__start-01strix-engine__start-02strix-engine__start-03strix-engine__start-04twitteryoutube

りくの開発ブログ

開発環境の構築とサーバのセットアップから始めよう!
<実践編>~Unity~第1話

こんにちは、Vtuberのりくです。

<実践編>3Dオンラインゲーム開発~Unity~第1話では、開発環境の構築とサーバのセットアップを行っていきます。

|目次

|開発環境の構築

開発に必要なものをご紹介します。

  • Unity
  • Strix Cloud
  • Strix Unity SDK
  • キャラクター
  • MAP
  • 弓矢(弾などでもOK)
  • シングルプレイのゲームスクリプト
  • なお、キャラクター、MAP、弓矢、シングルプレイのゲームスクリプトを「りくのサンプルProject」として提供しています!ダウンロードしてご利用ください!

    はじめに、Unity Hub と Unity ランチャーからプロジェクトを開く方法をご説明します。
    Unity Hub から2020.1.6fのUnityを開いてください。
    ※Unity HubはこちらのUnityの公式サイトからダウンロードが可能です。「UnityHubSetup.exe」というファイルがダウンロードされるので、基本的には画面の指示に従ってインストールしましょう。

    続いて、UnityHub(ランチャー)からProjectを開きます。
    りくのサンプルProjectを使用する場合は、そちらを選択してください。

    続いて、PlayerSettingを開き、設定を変えていきます。
    Edit > Project Settingsをクリックすると、設定画面が開きます。
    設定画面の左側に「Player」というタブがあるので、そちらを選択します。

    ここで以下の項目が正しく設定されているか確認しましょう。

    • 「Api Compatibility Level」は「.NET 4.x」を選択
    • 「Active Input Handling」は「Input System Package (New)」を選択

    以上で開発環境の構築は完了です。


    |サーバのセットアップ

    通信に必要なサーバをつくるため、Strix Cloudを使用してサーバのセットアップを行います。
    はじめに、Strix Cloud Webコンソールにアクセスし、アカウント登録を行います。

    Strix Cloud Webコンソールアクセスにログインすると、次の画面が表示されます。

    まず、アプリケーションを作成します。アプリケーションは、各プロジェクトごとに作成し、サーバーを管理するために使用されます。ゲームのタイトルをつけておくと分かりやすいでしょう。アプリケーション名を入力し、作成ボタンを押してアプリケーションを作成します。

    アプリケーションが作成されると、このようにリストに追加されます。

    リストに追加されたアプリケーション欄をクリックすると、サーバーの管理画面が表示されます。新しいアプリケーション用のサーバーがないため、追加します。「クラスター作成」ボタンをクリックすると、以下のポップアップが表示されます。

    このポップアップでは、サーバーの設定を行います。以下の項目を設定していきましょう。

    • クラスター名:クラスターの名前を指定します
    • サーバー名:サーバーの名前を指定します
    • リージョン:地域を指定します
    • タイプ:サーバーの性能などに関わります(Type 0 は無料)

    最後に「クラスター作成」ボタンを押してサーバーを追加します。以下の図のようにサーバーのステータスアイコンが緑色に点灯したら、サーバーの準備ができています。

    以上でサーバのセットアップは完了です。


    |Strix Unity SDKのインストールとクライアントセットアップ

    次に、Strix Unity SDKのセットアップ作業を行います。
    Strix Cloudの管理画面からダウンロードしたStrix Unity SDKを、プロジェクトにインストールします。

    Strix Unity SDKをインポートするには、UnityEditorのメニューからAssets > Import Package > Custom Package を選択します。

    エクスプローラーが開くので、ダウンロードしてきた「StrixUnitySDK.unitypackage」を選択します。
    (この方法以外にも、ダウンロードした「StrixUnitySDK.unitypackage」をダブルクリックすることでもインポートが可能です。)
    以下のようなインポート画面が表示されるので、内容を確認して画面右下の「Import」をクリックしましょう。このとき、各項目の左側にチェックボックスがついているものがインポートされます。逆にインポート不要のものについてはチェックを外してしまいましょう。

    インポートが完了するとStrixのプラグインdllやプレハブがアセットに追加されます。

    続いてクライアント側でStrix Cloudのセットアップしていきます。

    Strix Cloud Webコンソール画面に戻り、マスターホスト名とアプリケーションIDをコピーします。

    「サーバー数」タブのマスターホスト名
    「詳細情報」タブのアプリケーションID

    Unityのエディター画面に戻り、Assets > Strix > GUI > StrixConnectUI.prefabを開きます。

    StrixConnectUIのPrefab

    このプレハブの中に「StrixConnectPanel」というオブジェクトがあるので、そちらを選択します。このオブジェクトに「StrixConnectGUI」というスクリプトのコンポーネントがついているので、「Host」と「Application ID」をStrix Cloud Webコンソール画面でコピーしたものに書き換えます。

    • Host:マスターホスト名(〇〇〇〇〇.game.strixcloud.net)
    • Application Id:アプリケーションID(〇〇〇〇-〇〇-〇〇-〇〇〇〇)

    設定が完了したら、このプレハブを「SampleScene」に置いて、ゲームをプレイしてみましょう。

    「りくのサンプルProject」のデフォルトでは、マウスカーソルを画面の中央で固定する機能が入っています。Altキーを押すことでカーソルの解除と固定を切り替えられるため、一度Altキーを押しカーソルの固定を解除してから「Connect」ボタンを押してみましょう。以下の画像のように、エディターのConsole画面に「Connection established.」の表示が出ていれば、接続が成功しています。

    以上でセットアップの作業は完了しました!

    |りくの質問コーナー

    <りく>
    ねぇアポロ。UnityとStrix Cloudを接続することでカンタンルームサーバに接続しちゃったけど、それってどうしてなの?
    <アポロ>
    りく、いい質問だな! 答えはこちらの動画をごらんください!
    ゼロから始めるオンラインゲーム開発 第6話(2:55)




    >>次の記事「スクリプトエディタをUnityに登録してみよう<実践編>~Unity~第2話」

    さぁ、まずは無料ではじめよう